財産分与とは

一般的に婚姻中に夫婦の協力で築いた共有財産を清算して分け合うことで、主に次の3つの要素が含まれます。

清算的財産分与

婚姻期間中に夫婦の協力で築いた共有財産を清算

法律上は、婚姻期間中に築いたお金は夫婦2人のものであると見なされます。
直接的に収入を得ていない専業主婦であっても、夫の得た収入はすべて夫婦で協力して形成したものと判断されます。

名義がどちらであれ、夫婦が協力して築いた財産であれば共有財産であり、離婚の際に貢献の割合に応じて清算されます。

扶養的財産分与

離婚後の弱者に対する扶養料

例えば、妻が専業主婦であれば夫は離婚後も今までと同じ収入があり生活する上で変わりはありませんが、妻は収入がなく困難になることが予想されます。
離婚後に妻が自分で生活できるようになるまでの間夫は妻の生活を援助させるのが公平といえるからです。

慰謝料的財産分与

離婚による精神的損害の賠償

一般的に、財産分与に慰謝料も含めてしまうことが多くあります。
財産分与に慰謝料が含まれて、精神的な損害に対して十分に補てんされている場合、原則として配偶者の不貞行為等を理由に慰謝料を請求することはできません。

但し、慰謝料的財産分与を含めて財産分与がされていたとしても、精神的苦痛に対して十分に補てんされていないと認められる場合には、別に慰謝料を請求することができます。

※請求について
財産分与は、離婚時合意に至らず離婚後でも請求は可能ですが2年以内に請求する必要があります。