年金分割とは

老後にもらえる公的年金には、老齢基礎年金と老齢厚生年金の2種類がありますが、離婚時に分割を受けた人(例:専業主婦の妻)がもらえる年金は、老齢厚生年金の部分です。
老齢基礎年金の部分については、分割はされません。

なお、「離婚時の厚生年金の分割制度」には、合意分割制度と3号分割制度の2つがあります。

合意分割制度

合意分割制度とは、次の条件に当てはまった場合に、当事者一方(夫婦のどちらか)からの請求により、厚生年金の標準報酬を当事者の間で分割することができる制度です。

  • 当事者間で合意した場合は、公証人の認証をうけた書類を作成
  • 当事者間で合意せず、裁判により分割割合を定める
  • 請求期限を過ぎていないこと
    (請求期間は、離婚後2年以内にする必要があります)

分割される標準報酬は、婚姻期間中の標準報酬になります。

3号分割制度

配偶者の一方が第3号被保険者であった期間、配偶者の保険料納付実績の半分を分割できる制度です。
合意分割とは違い、夫婦間での同意は必要なく請求すれば半分の割合で分割されます。
(請求期間は、合意分割同様に離婚後2年以内にする必要があります)