婚姻費用とは

別居中であっても、婚姻から生ずる費用というのは日常の生活費のことで、具体的には衣食住の費用、医療費、子供の教育費や養育費、交際費等が含まれます。
別居中であっても、夫が妻子に生活費を渡さないのは法律的にも許されません。
離婚の協議中・裁判中の別居だとしても、婚姻費用分担の義務は生じます。

婚姻費用分担額の請求

夫婦で話し合いにより決めることができます。その際、収入や子供の教育費や養育費等を考慮し決める必要があります。また、この場合には、婚姻費用の支払協議書を作成した方がいいでしょう。

  • 婚姻費用の金額
  • 毎月の支払日
  • 婚姻費用の支払開始日
  • 婚姻費用の支払方法

口約束だけで、夫婦間でのサインだけでは強制執行ができません。公正証書を作成し法的な取り交わしをすることをお勧めします。

協議に応じない場合

家庭裁判所に「婚姻費用分担請求の調停申立」を行います。
婚姻費用の分担額は法律的にいくらと決まっているわけではありません。
調停で合意が成立しなければ、家庭裁判所の審判となり、審判により婚姻費用の分担額が決定します。

強制執行

調停又は審判で決められた事項を相手方が守らない場合、履行勧告・命令の申し立てができます。
履行勧告等を相手方が無視して、支払わない場合であれば強制執行で取り立てをすることができます。