親権とは

親権者を決める基準

基本的には夫婦の話し合いで決めますが、親のエゴや、どちらが離婚原因を作ったかなど、意地の張り合いで決めるべきではありません。
離婚の原因を作った方が、親権者になれないわけではありません。
どちらの親で育てられたほうが、子供が経済的、精神的に安定した生活を過ごせるかを最優先で考えるべきです。

子どもが自分の意思を持てるようになると(10歳以上)子どもの意思を尊重して親権者を決め、大きい子どもの(15歳以上)場合は、子どもの意思により親権者を決めます。子どもが15歳以上の場合、子どもの陳述を聴かなければなりません。
20歳以上は親権者を決める必要はありません。

協議に応じない場合

家庭裁判所に「親権の調停申立」を行います。
調停は第三者の調停員が中立の立場で夫婦それぞれの意見を聞き、調停案を出します。
調停で合意が成立しなければ、家庭裁判所の審判となり、審判により親権が決定します。