調停離婚とは

調停離婚の手続き

家庭裁判所で、第三者の調停委員2名と裁判官1名を交え話し合いを行います。

所属申し立て

申請書を作成し、必要書類を用意します。
夫婦関係事件調停申立書、戸籍謄本等

調停

家庭裁判所へ調停申立てを行い後日調停日が決まります。調停日までに自分が有利になるようなものや調停がスムーズに進む様な書類を用意します。
申立人と相手方の双方に事情聴取が行われ合意点を探ります。
解決に向け複数回行われます。

調停終了

合意が成立したら調書に記載し成立したとなされます。調書に記載した内容は、当事者が実行する義務が発生します。

合意できない場合は裁判離婚へ進みます。